沖縄旅行 Part 3

三日目
沖縄旅行最終日。
ホテルのビュッフェで朝食をとり、荷物整理をして午前9時頃チェックアウト。
okinawa_t_37.jpg

この日最初に向かったのは、伝統的な沖縄の村を再現したテーマパーク「琉球村」です。
okinawa_t_38.jpg

okinawa_t_39.jpg

再現といっても実物の琉球古民家を移設保存しているので佇まいは本物です。
okinawa_t_40.jpg

okinawa_t_41.jpg

沖縄伝統衣装の「琉装」(貸衣装もあります)
タイミングが良ければ琉球舞踊「エイサー」の演舞を見ることもできます。
okinawa_t_42.jpg

okinawa_t_43.jpg

okinawa_t_44.jpg

okinawa_t_45.jpg

沖縄方言「沖縄口(うちなーぐち)」
okinawa_t_46.jpg
色々と勉強になることが多く、見ごたえのある展示内容でした。

「琉球村」
入場料金: 大人1500円/高校生1200円/小中学生600円/6歳未満無料
所在地: 〒904-0416 沖縄県国頭郡恩納村字山田1130



次は初日にも訪れた国際通りに向かいました。
寄り忘れた店があったのと、沖縄そばを食べ忘れていたからです。

軍用品払い下げ店の「沖縄ミリカジ」で実物のスプラッターバーストターゲットがB級品7枚セットで1000円と格安だったので購入。
okinawa_t_47.jpg
他にも欲しいものがあったのですが、性質上郵送になるもの(飛行機持ち込み不可)だったので断念。

その後メインストリート沿いの適当な店で沖縄そばを食べました。


一休みして次に向かったのは「首里城公園」です。
車のナビに従って入り口方面に進むと手前に「満車なのでこちらへ」というような看板が見えました。
そこから看板に誘導されるがまま進むと、ある民間経営の駐車場にたどり着きました。
その駐車場というのが単なる空き地のようなところで、縦列駐車で詰めて入れさせるような粗雑な所でしたが仕方ないのでそこに停めることにしました。
この時点でなにか釈然としない感じはあったのですが、まずは観光を楽しむことを優先しました。
(しかし後から衝撃の事実が発覚します…。)


外部の駐車場から首里城公園入口まで数十メートル、さらに入り口から坂道と階段を数十メートルほど登ってようやく首里城正殿を拝めました。
okinawa_t_48.jpg

okinawa_t_49.jpg

okinawa_t_50.jpg

okinawa_t_51.jpg

okinawa_t_52.jpg

城郭の一番高い所からは町を一望できます。
okinawa_t_53.jpg

パノラマ写真(クリックで拡大)
okinawa_t_56.jpg

okinawa_t_57.jpg

上のエリアにあるお土産屋に入ると、素晴らしく出来の良い「龍柱」のミニチュアが目に入ったので即買いしました。
okinawa_t_58.jpg

okinawa_t_59.jpg

記念のタオルハンカチも購入。首里城らしい赤色にしました。
okinawa_t_60.jpg

一通り城を見た後は来た坂道を戻り、下の方にある首里杜館という建物でアイスを食べて一休みしました。
その時に偶然、地下に降りるエスカレーターがあるのに気づきました。(建物内の奥の方にあり、外からではまず分かりません)
もしかしたらここを降りて進めば最初来た長い坂道をショートカットできるのでは?と思い、エスカレーターに乗って下に降りました。
するとそこは首里城公式の地下駐車場で、しかもガラガラだったのです。

じゃあ来るときに見た「満車」の看板は一体なんなのか…?
車の出入り口から外に出ると誘導員がいたので「駐車場はガラガラなのに手前に満車と出ていたのは何故ですか?」と聞くと
「あれは民間の駐車場が勝手に出してるんですよ、ウチは関係ないです」とのこと。
本当に腹が立ちました…。
構造的に手前の車道からでは駐車場が空いているのかどうか分からない。誘導員のいるずっと手前に満車の表示を出し、別の駐車場に誘導する。
帰りは地下駐車場を通らずとも外に出れるので気づかれない。というワケです。
okinawa_t_map.png
構造的盲点を悪用しているんですね。
市街地近くの観光名所でこのような詐欺まがいの行為が堂々と行われていることに驚きました。

ちなみに首里城公式の駐車場は350円、自分が停めた民間の駐車場は500円でした。
なにもその150円の違いにだけ怒っているのではありません。
これから観光を楽しもうとしている人間を平気で騙し、無駄な距離を歩かせる行為、
勝手に嘘の看板を設置する図々しさ、意地汚さ、全てが腹立たしい。
しかも運営しているのは宗教法人。罰当たりにもほどがあります。

このような誘導看板が首里城手前から民間駐車場まで続いています。
okinawa_t_61.jpg

okinawa_t_62.jpg
よく考えたら「レンタカー専用」というのも変な話です。
観光客はほぼレンタカーですので、端から観光客をカモにしているということですね。

帰るときもその民間駐車場の表示に騙されたと思しき人たちが続々と急な坂を往来していました。
恐らくほとんどの人が騙されてることに気付かないまま帰っていくと思います。
okinawa_t_63.jpg
帰る頃には自分が停めた所が本当に満車になっており、さらに別の場所に誘導する表示がでていました。
ここの他にも同じような駐車場がいくつかあるのでしょう。

※公式の駐車場が本当に満車のときもあるかと思いますが、首里城に行くことがあればまずは公式の駐車場まで行って確認してみて下さい。



気分を切り替えて次は沖縄唯一のアウトレットモール「あしびなー」に向かいました。
旅も終盤でしたが、バックパックとキャリーケースの他に持ってきた小型のボディバッグが観光には小さすぎて不便に感じたので、もう少し容量のあるものが欲しいと思い探しに入りました。
色々見て回りましたが、ハイブランド系のショップなどは店員がビッタリ張り付いてきてアグレッシブにあれこれ勧めてくるのでどうも落ち着きませんでした。
結局国内メーカーのACEでボディバッグを購入しました。
okinawa_t_64.jpg

「沖縄アウトレットモールあしびなー」
所在地: 〒901-0225 沖縄県豊見城市豊崎1-188
オフィシャルサイト: https://www.ashibinaa.com/


帰りのフライトにはまだ時間がありましたが、行きの時のようにギリギリで行動したくないので早めに那覇空港に向かいました。
預け荷物の手続きをさっさと済ませて空港の免税店やお土産店を見て回り、人へのお土産を買ったり空港内のレストランで軽食をとり、余裕を持って飛行機に搭乗しました。
okinawa_t_65.jpg

今回の沖縄旅行、旅慣れしてないなりにそこそこ満喫できたと思います。
海には一切入りませんでしたが、次はマリンスポーツを含めたプランを組んでまた来たいと思います。



おまけ
各所で購入した細かい土産物いろいろ。(珊瑚は浜辺で拾ったものです)
okinawa_t_66.jpg


沖縄旅行 Part 1


沖縄旅行 Part 2


関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント