静岡カオス旅行 Part 1

前々から気になっていたスポットが静岡県に集中していたので、この際まとめて全部行ってやろうと思い立ち
2019年10月某日、一泊二日の静岡旅行に出かけました。
一日目は伊東市内で珍スポット巡り+α、二日目は帰りがてらに沼津港と三島スカイウォークに立ち寄りました。

一日目前半
平日の早朝都内の自宅から車で出発。
高速に乗るまでの一般道の混雑を想定して朝6時半に出たのですが、かなり早く着きそうだったので途中熱海の浜辺に立ち寄り散歩などして時間調整しました。
atami_1.jpg

熱海の手前から目的地方面までの有料道路はほぼ海沿いなので、気持ちよくドライブできます。
atami_2.jpg

自宅を出発してから約3時間後
最初の立ち寄りスポット「まぼろし博覧会」に到着。
不思議で不気味で懐かしい世界観の私設テーマパークです。
maboroshi_1.jpg

maboroshi_2.jpg

まさに「異界への入り口」という感じです。
maboroshi_3.jpg

maboroshi_4.jpg

maboroshi_5.jpg

屋外展示もかなりのボリュームがありました。
全部見て回るといい運動になります。
maboroshi_6.jpg

maboroshi_7.jpg
「まぼろし博覧会」のウォークスルー動画です。
「まぼろし博覧会」
入館料: 大人1200円/小中学生600円
所在地: 〒413-0231 静岡県伊東市富戸1310-1
オフィシャルサイト: http://maboroshi.pandora.nu/


次に向かったのは「怪しい少年少女博物館」です。
まぼろし博覧会から直線距離で約3kmぐらいとかなり近い場所にあります。
ayashii_1.jpg

展示内容・コンセプトはまぼろし博覧会と似ていますが、それぞれ個性があって面白いです。
ayashii_2.jpg

ayashii_3.jpg

一番驚いたのは、FEWTURE MODELSコーナーがあったことです。
ガレージキットを組立・塗装したものがほとんどのようですが、どれも丁寧に仕上げられていて、とても良い状態で保存されていました。
今では希少なモデルばかりです。
ayashii_4.jpg

ayashii_5.jpg

ayashii_6.jpg

ayashii_7.jpg
「怪しい少年少女博物館」のウォークスルー動画です。
「怪しい少年少女博物館」
入館料: 大人1000円/小中学生600円
所在地: 〒413-0231 静岡県伊東市富戸街道下1029-64
オフィシャルサイト: http://ayashii.pandora.nu/


次に行ったのは「ねこの博物館」です。
neko_museum_1.jpg
一階にはネコ科動物の剥製や骨格標本などが展示されています。
neko_museum_2.jpg

neko_museum_3.jpg

neko_museum_4.jpg

neko_museum_5.jpg

二階にいくと本物の猫が沢山いました。触ったり写真を撮ることもできます。
neko_museum_6.jpg

neko_museum_7.jpg

neko_museum_8.jpg

neko_museum_9.jpg
「ねこの博物館」
入館料: 大人1300円/中高生1000円/小学生700円
所在地: 〒413-0235 静岡県伊東市八幡野1759-242
オフィシャルサイト: http://nekohaku.pandora.nu/

実はこの「まぼろし博覧会」「怪しい少年少女博物館」「猫の博物館」の三つの施設は運営元が同じなので
それぞれの場所でそれぞれの入場割引券が貰えます。
機会があれば、是非三ヵ所とも回ってみて下さい。



濃密なカオス空間を味わった後は「象牙と石の彫刻美術館 ジュエルピア」に行きました。
場所的には「まぼろし博覧会」と「怪しい少年少女博物館」の丁度中間ぐらいにあります。
ここはついでに寄ろうという位に考えていたのですが、予想以上に美しく見ごたえのある展示内容でした。
駐車場も広くて館内も綺麗ですし、自分が行ったときはちょうど解説員の方が居て丁寧に作品の説明をしていだきました。
zouge_1.jpg

造形力、デザイン・構図のセンス、どれをとっても素晴らしい作品群。
zouge_2.jpg

zouge_3.jpg

zouge_4.jpg

zouge_5.jpg

zouge_6.jpg

「象牙多層球」
細かな装飾が施された多層構造の球体。それぞれの層が回転するようになっています。
驚くべきことにこれらはパーツ分けすること無く、一つの象牙の塊から彫り出されているそうです。
zouge_7.jpg

zouge_8.jpg

zouge_9.jpg

zouge_10.jpg

個人的に一番気に入った作品はこれです。「蟹小蔵」(1910年代 江南彫)
zouge_11.jpg

zouge_12.jpg

象牙以外にも木や翡翠でできた工芸品も数多く展示されています。
zouge_13.jpg

「フル翡翠」のベッド。ここに寝ると夏場でも涼しいらしいです。
zouge_14.jpg

zouge_15.jpg
「象牙と石の彫刻美術館 ジュエルピア」
入館料: 大人1200円/子供600円
所在地: 〒413-0231 静岡県伊東市富戸1096-1
オフィシャルサイト: http://jewelpia.com/

非常に満足度の高い展示内容で、万人向けにお勧めできるスポットです。



静岡カオス旅行 Part 2 に続く


関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント