短機関銃トーマス

短機関銃トーマス(Thomas the SMG)
トーマスのキャリングケースにMGCのMAC11を組み込みました。




thomas_the_smg_01.jpg

thomas_the_smg_02.jpg

thomas_the_smg_03.jpg

制作工程
プラスチック製のトーマスキャリングケース(製品名不明)を使用。
thomas_the_smg_wip_01.jpg

thomas_the_smg_wip_02.jpg

内部の邪魔なものを全て取り払いMAC11を仕込んでいきます。
thomas_the_smg_wip_03.jpg

銃本体もフロントサイトを取り除いたり、コッキングレバー上部を削ったり、ストックを外したりして最小化。
角材やL字金具などを使用して内部で銃が動かないようにします。
thomas_the_smg_wip_04.jpg
トリガーにはステンレスクリップ付きのパラコードを掛け、ワイヤーと連結させて後部から引き出しています。
ワイヤーを後ろに引くことによりトリガーが引かれるという単純な構造。
スペース的にかなりギリギリになってしまい、ケースを閉じた状態でフルオートで撃つと高確率でジャムります。
また、ショートマガジン(13連発)しか使えないため、フルオート(20発/秒)だと瞬く間にカートが無くなってしまいます。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント