ПЕПЕЛАЦ

ペペラッツは1980年代にある技師の男が開発した画期的な飛行機械である。水から作り出される“ルツ”という燃料で動く。彼は「ある日突然言葉の通じない奇妙な惑星に飛ばされ、その星を旅する中でアイデアを得た」と主張していた。最終戦争前のネオ・ソビエトではごく一般的な乗り物で、多くの人々が利用した。水の入手が難しくなった今となっては、乗り物として利用している者はほとんどいない。砂漠に乗り捨てられたペペラッツが墓...